全身脱毛を始めるのは何月からがいいのか?

今すぐにでも全身脱毛を始めたいという方もいるかと思います。「善は急げ」と言いますが、全身脱毛に関してはタイミングを見たほうがいいでしょう。というのも、タイミングを間違えてしまうと思うように脱毛施術を受けられなかったり、肌トラブルを引き起こしてしまったりすることもあるのです。では、全身脱毛を始めるのは何月頃がいいのでしょうか?

何月頃というよりも秋からのスタートを

全身脱毛を何月頃からスタートさせればいいのかという話なのですが、何月頃というよりも秋からのスタートと考えておくようにしましょう。

まず、秋というのはキャンペーンが充実しています。もちろん、最近では年間を通して何かしらのキャンペーンをおこなっているものなのですが、秋というのは全身脱毛の需要がひと段落する時期でもあるのです。多くのお客さんが夏に向けて全身脱毛をするため、秋になると客足が遠のくようになります。だからこそ、よりお得なキャンペーンを開催して、お客さんに来てもらおうとするわけです。狙っているサロンなどがあれば、こまめに情報をチェックしておきましょう。

次に、秋というのは予約が取りやすい時期でもあります。全身脱毛に限ったことではないのですが、脱毛を始めたのに予約が取れずになかなか行けないという話はよく見聞きするものです。夏というのはまさに繁忙期になりますので、予約が取りにくくなります。しかしながら、お客さんがひと段落した秋であれば予約もぐっと取りやすくなるのです。予約が取りやすいからこそ思い描いていたペースで通うことができるでしょうし、脱毛施術を始める前のカウンセリングにもしっかりと時間をかけることができます。

さらに、日焼けしにくいという部分もあります。基本的に全身脱毛で使われるマシンというのは、メラニン色素に反応するものです。毛根のメラニン色素だけに反応してくれればいいのですが、メラニン色素というのはご存知のように皮膚にも存在するものです。日焼けをして肌にメラニン色素が生成されてしまうと、全身脱毛の施術で毛根だけではなく肌まで影響を受けてしまうのです。肌のメラニン色素に反応すると、火傷をしてしまうこともありますし、痛みもより感じやすくなります。せっかくの脱毛効果が落ちてしまいます。このようなリスクがあるからこそ脱毛施術前の日焼けは好ましくありませんし、肌がデリケートになっている脱毛施術後の日焼けはもっと好ましくありません。紫外線というのは年間を通して降り注いでいるものですが、やはり夏場の紫外線というのはかなりきついものです。特に、猛暑や酷暑が当たり前となっている昨今の夏場の紫外線であればなおのことです。そういった意味でも紫外線が落ち着く秋が安心なのです。

秋から始めて翌年の夏に間に合う

肌の露出が増える夏に向けて全身脱毛を始めるという方がやはり多いです。ただ、全身脱毛で十分な効果を得られるまでにはかなりの時間がかかります。正直なところ、夏の直前に始めて夏に間に合うということはほとんどありません。かといって、春から始めたとしても夏には間に合わないでしょう。

だからこそ、余裕を持って前の年の秋から全身脱毛をスタートさせて、完璧な状態で次の夏を迎えればいいのです。早め早めにスタートさせることによって、気持ちにも余裕が持てるでしょう。夏直前になって慌てる必要もありません。

体調が悪いときにはやめておこう!

全身脱毛を始めるのであれば、秋がベストです。ただ、秋というのは体調を崩しやすい時期でもあります。それこそ夏場の疲れがどっと出てくることもあるでしょう。もし少しでも体調が悪いのであれば、脱毛施術を受けるのはやめておきましょう。体が弱っていると肌トラブルが起こりやすくなりますし、体調不良で薬を飲んでいるとその薬の影響で副作用が出ることもあるのです。

また、女性の場合には生理中も避けたほうがいいです。基本的に生理中のVIO脱毛はNGとなります。VIO以外のところであれば脱毛施術をおこなってくれることもあるかもしれませんが、基本的に生理中は脱毛施術を避けるようにしましょう。というのも、生理中というのは肌が敏感になっているのです。実際に生理中に肌荒れが起こったり湿疹ができたりといったことを経験したことのある女性も多いでしょう。肌トラブルだけではなく、毛周期にも乱れが出る可能性もあります。生理中はやめておいたほうがいいのですが、生理後の1週間はベストな時期であるとも言われています。生理後の1週間であれば肌の状態がよくなっているからこそ万全な状態で脱毛施術を受けられるのですが、女性によっては生理後のほうが調子が悪くなることもありますのでそのあたりは自分の体と相談するようにしておきましょう。
体の調子をしっかりと把握した上で、全身脱毛の施術を受けるようにしましょう。